初台整形外科クリニック

MENU

©Hatsudai Orthopedic Surgery

自費診療

Self-medicated examination

Self-medicated examination自費診療

自費診療内容

詳しくはクリニックまでお問い合わせください

  • プラセンタ・にんにく注射・抗酸化療法
  • PRP-FD治療(Platelet Rich Plasma ;多血小板血漿)
  • 脂肪由来幹細胞培養上清液治療

PRP-FDPRP-FD治療

PRP-FD注射の特徴

  • 1.PRP(Platelet-Rich Plasma、多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)とは、血小板が大量の含まれている血漿のことです。このPRP-FDを肩やひざの関節内に注入することで、傷の修復や血管新生を促す信号を発信させ細胞分裂が活発化するため、長期的な作用が期待できます

  • 2.PRP-FDは、自分の血液から作り出すことで副作用のリスクをできる限り回避することができ、採血と注射だけで行うためメスを使うことがありません。

  • 3.PDGFは、血小板由来の成長因子です。組織修復の働きを持つこの成分は、プロアスリートも注目するところ。PRP-FDにはこれが含まれています。

PRP-FD注射の概要

慢性化した痛みの改善を目指す血液療法

血液の成分とその働き(血漿を除く)
PRP-FDは、傷の治癒に作用する血小板を濃縮したPRPをさらに高濃度に構成したものです(細胞分裂を活性化する成長因子を含んだ成分)このPRP-FDをダメージ部分に注入し、患部の修復機能を一次的に高めます。これにより自分の治癒能力で痛みの改善を目指すことができ、慢性化した肩やひざの痛みへの効果も期待できます。また、自分の血液内の成分を体内に戻すことで拒絶反応など副作用のリスクが低いのも特徴です。

治療の流れ

受診のご予約
1受診のご予約(お電話でご予約ください)
>問診・カウンセリング
2問診・カウンセリング

来院いただきましたら、まずは患部の痛みや違和感のある部位について、けがをされた経緯やこれまで行ってきた治療などをお伺いします。これにより、PRP-FD注射が効果的な症状かどうかを判断します。

診断・治療日の確定
3診断・治療日の確定

患部の痛みの程度や動き具合などを、実際に細かくチェックします。また、PRP-FD注射の治療内容や治療の流れ、注意事項についてご説明します。また、治療を受けられる方は診察後に採血を行い、治療日(注入日)を決定します。

治療
4治療(注入)は5分程度で終了します。

費用

初診料・問診料 3,000円
PRP-FD注射(片膝) 1回(2バイアル)
130,000円
pagetop